「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi
カレンダー

<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

私の思い・・・

> まず先に車の件ですが
> 近所の方が「すごいスピードで、ウインカーも出さないし、子供が轢かれそうだった」と
>
> 言っていることに対して
> 会社として何もお感じにならないのですか?
>
> 私は今週末、出来るだけのことはしました
> 地主さんに事情を話し、必要外のお金を払い
> 気分良く生活できるように駐車場の確保をしました
> お菓子に関しては、当のご本人(Aさん)は「スピードは出していない!」と
> おっしゃるので、直接謝罪も期待できないですが
> 実際、住宅地にしてはスピードを出してこられるヘルパーさんも
> いらっしゃったわけですし、今回の件で事故の起きる前に注意が出来て
> 良かったと思っています
>
> それに以前、Eヘルパーーさんが車の件でトラブルを起こした時も
> 私達は商品券を買いご近所周りをAWさんとしました
> それ以前に、主人が菓子折りを持って周辺への挨拶は済んでいたのにですよ。
> そして今回また・・・
> とめられる場所がどんどん無くなってしまったのは事実です
> それでも、会社として対応できないのでしょうか?
> こちらとしては、駐車場代や菓子代を請求しているわけではないのです
> ただ「すみませんでした」と会社を代表してどなたか来て頂きたいだけなのです
> そこのところを、もう一度ご検討くださいますようお願い致します
> 「AOヘルパーセンター」の看板の下に各ヘルパーさん方がいらっしゃるのですから。
> それでも尚、無理だとおっしゃるようでしたら、今回の件は
> 直接、社長様に事情説明も兼ねてご相談させて頂きます
> 改めてご検討下さいませ
>
>
> 次長様・コーディネーターK様・所長様
>
> お世話になっております
> 先ほど11:00にKさんよりお電話があり
> 14:00に伺ってもいいでしょうかとのことでした
> 本日は無理だとお伝えすると明日。(水曜は毎週リハビリです)
> それ以外は来月末になるとのお話。
> 月初は忙しいので・・・とのことですが
> 毎月月初は来るわけですから、もう少し事前に連絡はできないのでしょうか?
> 御社も月初は立て込んでいて・・・とご事情があるように
> 私にも日々の生活に「都合」と言うものはあります
> 第一、報告書の記載内容を間違えて訂正が必要になったのは
> 御社の手違いであって、それをこちらの予定はお構いなく
> 都合をつけて当然のようなご連絡、あまりに心寂しく思いました
> お忙しい中、ご自身の業務外のことが増え、大変かとは思いますが
> 各ヘルパーさん方に「間違いのないようわかりやすく!」が浸透すれば
> 今後は避けられるミスだと思うので、今回に限っては
> ヘルパーさん任せでファイルを届けるのではなく
> きちんとKさんなり所長さんなりが届けて頂きたいと思いました
>
>
> 最後に
> これを打つのに1時間を費やしています
> お電話では感情的になりそうな部分があり、
> メールにしてお伝えしています
> 保険見直しで何かとお忙しいとは存じます
> もう少しコミュニケーションが取れれば
> 本日のようなことはなかったように思えます
> AWさんやMさんのように明るく元気に
> 接してくださると、「今日そちらに伺ってもいいでしょうか」が
> 嬉しく感じるのだと思います
> ビジネスとしてはもちろんですが
> 「人」対「人」として
> 今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
>
>
>jibun
>
> 追伸:Aさんが予定通りいらっしゃることを願っています
by jibundenaiwatasi | 2006-05-31 10:24 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(0)

ヘルパー会社の対応

> お世話様です。
>
> 会社として
> ヘルパーのご訪問の際の注意すべき点などは
> 今後も会社からとして注意、指導をしていきますが、
> お菓子をお届けするというのはjibun様の
> お気持ちの部分のことですので、
> ご本人様よりお渡しいていただくべきもので
> 会社として対応するところではない
> という見解でした。
> ヘルパー同行、もしくはご家族での対応をお願い致します。
> どうぞご了承くださいませ。
>
> 本日の夕方はHヘルパーとAヘルパーが伺う予定です。
> お休みの連絡は入っておりません。
>
> ㈱AOヘルパーセンター 西事業所
by jibundenaiwatasi | 2006-05-30 10:34 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(0)
パパがいる週末

2週間ぶりなので
次男はパパにベッタリ

長男はと言うと。。。
夜、いつも通り私の傍に来てくれた

「せっかくだからお父さんと寝ないの?」と聞くと

「お母さんがね、夜病気になったら心配だから・・・」

本当に
ただ、親だと言うだけで
こんなにも愛情を受けられて

つくづく
果報者な私だな~と思いました
by jibundenaiwatasi | 2006-05-29 09:15 | 子育て&KIDS | Comments(2)

見守っている

長男が公文を気に入ったようで
楽しくて仕方がない様子。。

我が家から公文までは30秒の距離
それでも年長さん一人で行かせるには不安なので
着いていこうとすると
「お母さん、一人で行けるからだいじょうぶ
そのほうがお兄ちゃんぽいでしょ」だって。

帰りに今度は先生が心配^^;
すると長男が「お母さんが見守っててくれるから大丈夫だよ」と
言ったそうです

お母さんは先生にとっても褒められました
そして息子の成長に涙と笑顔が一緒にこぼれました^^

これからもずっと
見守っているからね

だいじょうぶだよ

だいじょうぶだよ
by jibundenaiwatasi | 2006-05-25 10:28 | 子育て&KIDS | Comments(2)

多摩テック

今週はパパ不在

なので、先週の遠足リベンジにと遊園地に行ってきました
いつもの福祉タクシーに2人のヘルパーさん
久しぶりの晴れ間に園内は大混雑^^;
それでもいくつか乗り物に乗れてラッキーでしたし
ヘルパーさんがお弁当を持参してくださったおかげで
美味しく楽しく遊べました
暑い中、本当に感謝・感謝です

子供たちもたっぷり遊べて
良い週末になりました

おかげで今朝は元気に登園です(^^)v
by jibundenaiwatasi | 2006-05-22 09:23 | 子育て&KIDS | Comments(6)

復活の兆し^^

今週低迷気味のわたし。。

大好きなヘルパーのSさん
娘さんがインフルエンザで一週間急遽お休みでした><
我が家の息子達が病気の時、色々優しくしてくれたSさん
早く回復されて、ご自身や他の家族の方に移らないことを願うばかりです

そのSさんが今日から仕事に復帰しました
私はなんだかとてもホッとして
とても嬉しくなりました

人の力って本当にすごい!です

その他にも
お母さん代わりによく気遣ってくださるMさん
子供たちもなついていて大好きな「おばちゃん♪」
パパが出て行った後、子供達に何かあったら知らせてと
携帯と自宅を教えてくれました
有り難くて涙が出ました

昨夜も、子供達と一緒じゃ、野菜が採れないだろうと
かぼちゃや大根を煮て持ってきてくれました

人のぬくもりに救われて
その人たちの温かさに答えられるような人でありたい・・・
by jibundenaiwatasi | 2006-05-20 10:45 | 手紙・感謝 | Comments(0)

一進一退

今週はとても気分が揺れています
心の奥がざわついて
ちょっとしたことに過敏に反応してしまいます

子供達のキスの嵐は続いていて
とても幸せです。。。

それでもまだ
私自身を認め、包んでくれる人の存在を欲しています

どこをどう探しても
いるはずもないのにね
by jibundenaiwatasi | 2006-05-19 10:01 | ひとり言 | Comments(6)

弱音。。。

心がギューっとしめつけられます
やはり誰かに心を開きたいです
自分の中だけでは破裂しそうなときがあります
でも・・・
今の私には誰もいません
私を抱きしめてくれる人は
一人もいません・・・
たぶん?

かかりつけの主治医の先生も
リハビリの先生も
とても良い先生ですが
忙しすぎて・・・忙しすぎて・・・

心が苦しいとき
これからもずっと
涙とともに
一人で飲み込まなければならないのでしょうか

それが私の運命なのでしょうか
by jibundenaiwatasi | 2006-05-18 09:07 | 後ろ向き | Comments(4)

波を越え

自分はいらない
誰からも愛されない
・・・・・・

そんな波を乗り越えて
ほんの少しトンネルから抜け出てきました


あと少し
私は子供にとって必要な人間だ
私を愛してくれる人はどこかにいる


だから乗り越えて
前を見なくちゃね
後ろに闇が広がるなら
前にはきっと光が満ちている

きっと・・・
by jibundenaiwatasi | 2006-05-16 09:05 | エッセイ進捗・結果 | Comments(8)
子供達の遠足の予定だった週末
お弁当の支度をしていたけれど生憎の雨><
それに、朝起きたら次男が熱を出し中止。

雨に備えてプラネタリュウムへ行く予定も立てていたので
福祉タクシーで長男と出かけて、それなりに楽しく過ごしたつもりだったのに。。。
家に戻ってきても、次男とパパが寝ていることに長男が怒り出した
「お父さんずっと寝てばっかりでつまらない!」
そしてその怒りが私に向けられた
朝9時から5時まで車椅子に乗っていたので、ほんの少し休憩と思いベットへ。
その頭上で長男は、以前私が作った手作り絵本をビリビリ破いて顔の上にばらまいた
お父さんに「遊んで」が言えず、悔しくなって寝たきりの私の上で
思い出の物を破り捨てる長男の姿が、事故前の悲惨な家庭の状況を思い出して
涙があふれた

私は精一杯のことはやった
お弁当は作れないがお弁当の絵を描いて
前日から色々準備をした
疲れて仕事場から帰るパパの負担を減らそうと、出来る限りの準備をして
雨でも出かけられるようにカッパを買い
パパと次男が休めるように外出した
長男にも寂しい思いをさせたくなかったから。

それでも、私に出来ることは限られている
お父さんのようには遊んであげられない
悔しくて切なくて
夕飯も食べれず、布団をかぶって泣いていた
そしておもむろに、ヘルパーさんに頼んでお菓子を食べ始めた

本当に、まるで3年前のあの頃のように・・・
by jibundenaiwatasi | 2006-05-15 14:41 | 結婚・離婚・パパ? | Comments(4)