「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ゼミの先生に宛てた手紙。

拝啓  蒸し暑い毎日がつづきますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。○○先生には、せっかくお時間を頂戴したにもかかわらず、こうしたお手紙を送る形となり、面目ない限りでございます。
あれから息子と何度も話し合いました。しかし話せば話すほど、「無理」「辞めたい」となり、これ以上先伸ばししたところで、復学できそうにありませんでした。親としては、先生が仰ったように、まだ何も始めていないのに結論を出すのが早すぎると思いました。歯がゆさ、悔しさで押しつぶされるような毎日でした。当の本人は嫌なものから解き放たれ、明るく元気に過ごしております。親の心子知らずとは言いますが、知っていながらの現実逃避は一層つらいものがあります。卒業した△△高校にも手紙を送りましたが何ら返事もなく落胆しました。縁あって通うことになったのに、本当に残念です。貴重なお時間を賜りましたのに、このようなことになり申し訳ございません。手続きなどは事務の方に相談させて頂きます。短い間でしたがありがとうございました。先生をはじめ、皆さま方のご活躍を心よりお祈り申しあげます。
             かしこ
            
Commented at 2019-07-03 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibundenaiwatasi at 2019-07-03 23:59
鍵コメさんへ
コメント、ありがとうございます。同調してくださるだけで心が救われます。
友達……
これがまた悩みの種でして、息子は元々内気でコミュニケーションが苦手です。それでも、サークルやゼミで友達くらいできるだろうとうと思っていたら、気づけば毎日一人飯だったそうです。
楽しそうにランチを食べる人たちの横で、一人ポツンとなった自分に涙が出そうになったと、言っていました。

私が青春と書いたブログは、まさにそれです。辛いことがあっても、仲間と乗り越えて欲しい。そんな友達が一人でもいてくれたら。

大学へはまだ手続きしていませんが無理そうです。(ノ_<。)

高校は、まったく同じことを言われました。必要な情報は無いくせに、枠が減るからしっかり卒業してくださいと、念押しされました。だからこその実情を送ったのに、まさか無視されるとは思いませんでした。

今はまだ、これからどうするか決まっていませんが、こういう時だからこそ、私も頑張らねばと思っています。

鍵さん、ぜひまた寄ってくださいね。
Commented at 2019-07-04 10:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jibundenaiwatasi at 2019-07-05 20:27
鍵コメさんへ
アドバイスありがとうございます。
バイトは週2回しているのですが、
スーパーの裏方で清掃なため、チーフのおばさまに挨拶する程度です(^^;
中々難しいですね

まあ、焦っても本人次第なので
しばらくは静観するつもりです。
しんどいけれどガマンガマンp(^-^)q
by jibundenaiwatasi | 2019-07-03 02:03 | 長男大学 | Comments(4)