「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
S先生のメール
昨日、何度も読み返して涙とともに心を洗い流しました
いつも自分で自分をがんじがらめにする癖があり
どっぷりハマッてしまいました
先生。。
忙しいのにありがとうm(_ _)m

**************************

生命は、死によって
失われるのではない。

生命は、時々刻々と
失われているのだ。

(英語)
Life is not lost by dying;
life is lost minute by minute.

(ステファン・ヴィンセント・ベネット)



人からすべてを取り上げても、
取り上げられないものが
ひとつだけある。
それは、人間の最後の自由。

いかなる状況のもとでも
自分の態度は自分が決め、
自分の生き方は自分で選ぶ、
という自由である。

(ビクトール・フランクル博士)



運命があなたに
付き合ってくれないなら、

あなたが運命に
付き合ってみなさい。

(英語)
If Fate does not adjust itself to you,
adjust yourself to Fate.

(ペルシャのことわざ)
# by jibundenaiwatasi | 2006-07-07 09:24 | 手紙・感謝 | Comments(4)
お仕事中、失礼しますm(_ _)m

昨日から涙が止まりません
朝、泣きながら目が覚めました
まるで子供のようです(^^;

先生とリハビリ中お話しながら、
先生の幼少期の話に
息子達の未来を想像し
生きる糧(楽しみ)にしてきました

それでも、自分のために生きようとは、どうしても思えず
子供達が笑ってくれることだけが幸せだったのですが
子供達にしてあげられることの少なさと無力さに
気力減退してしまいました
元気で明るいお母さんであろう。と思いながら
思いが強すぎてか自分に負けています
「まっ いいか」・・・を実践するのは
以外に難しいです

お忙しい先生に話すことではないとわかりつつ
「しっかりしなくちゃ」と勝手にメールで泣かせてもらいましたm(_ _)m
いつも自分で自分を励ましながら
バランスを取っていたのですが、
バランスを取る能力まで低下してしまったようです^^;

偶然話した献体やドナーのこと・・・
子供達が大きくなり自分の意思を
持つ時が来るでしょうが
医療センターで登録できればさせてもらおうと
ふと思いました

それまでは日々精進出来ればいいなと・・・

http://jibundenai.exblog.jp/
# by jibundenaiwatasi | 2006-07-06 09:28 | 手紙・感謝 | Comments(0)

ボロボロです

弱い部分にまたきました
今日から3日間、在宅での点滴です
心が悲鳴を上げています

自分で自分を励ます力さえ
今の私にはありません
# by jibundenaiwatasi | 2006-07-06 09:13 | 後ろ向き | Comments(3)

疲れました・・・

・・・・・・・・・・・・・
# by jibundenaiwatasi | 2006-07-05 08:42 | 後ろ向き | Comments(0)

プール不可

ヘルパー会社から
付き添いは出来ないと言われました

それでも 負けません

諦めません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも

悔しいです

本当に

悔しいです
# by jibundenaiwatasi | 2006-07-03 09:12 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(3)

渡る世間は・・・

病み上がりの身体に鞭打って・・・

何とか長男をプールに入れたい一心で動いていた
色々頑張った末に「入れる」と思ったのもつかの間
今度はヘルパー会社のコーディネーターの人がやってきて
「付き添いは書類の手続き上面倒ですし、
水に関することでは当社は責任を負いかねるのでお断りを・・・」とのことでした

書類が面倒・・・
今も障害のヘルパーさんが保育園に行く時は
30分間の有料ベビーシッターとして送っています

水が心配・・・
夕方毎日お風呂に入れてもらってます

正直、もう理由がわかりません

子供じみているかもしれませんが
私に出来る精一杯の抵抗は
「応じてくれる他社を探すので、受給者証はお預けできません」
コーディネーターの人は、当初、自分が相談窓口にと挨拶しておきながら
契約の更新の時に書類や判を取りに来るだけだった
だったら私も、事務的に対応せざるしかありません
一度は預けた受給者証(ヘルパーさん利用に必要な手帳)を
返してもらい、お引取り願いました

そして涙とともにパソコンに向かい
ヘルパー会社やベビーシッター会社を検索し
何とかプール実現に向けて動いていたところへ
いつもお世話になっている事業所の別のコーディネータさんから
「Sさん、OKでたわよ。さっきのKが変なこと言ったみたいでごめんね」。。。と
何がどうなったんだかわかりませんが、
Kさんが勝手な判断で返事をしたらしいのです
自分の事務処理が増えるから・・・

他人の冷たい仕打ちに散々慣れてはいたけれど
ちょっと疲れました

それでも、結果的に息子がプールに入れて何よりでした

今週一週間
悔し泣きの一週間でした

ふと・・・
子供のためになら闘えるけれど
自分のために・・・は、無いような気がしました
闘う気力も、生きる勇気も
子供達が居てこそで
それ以外はやはりあり得ないと
あらためて思いました
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-30 09:07 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(0)
昨日、手紙を持って保育園に行ってきました

園長先生、担任、保健師さん、
皆揃って「ダメ」の一点張りでしたが
息子の足も守りながら
息子の「気持ち」も守りたいと言う想いが
ようやく通じました
プール持参で、ヘルパーさんの見守りで・・・


早速、夕方プールを膨らまし、園に届けてもらいました
みんなと同じ場所には入れなくても
隣にプールをくっつけて
同じ時間は共有できます
私に出来ることはこれで精一杯ですが
息子も「黄色いプール、入れるの?」と
喜んでくれました

諦めない

負けない

子供達から、たくさんの生きる力をもらっているお母さんが
これしきでへこたれるわけがありません

p(^o^)q
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-28 09:32 | 学校・保育園 | Comments(3)

保育園へのお願い

〇〇保育園 園長先生 
〇組み 担任 H先生・F先生 
保健師 M先生

いつもお世話になっております
息子のプールの件では色々お手数をお掛けしております
再度、医療センター 整形外科部長 I医師に確認したところ、
診断書に記載の通り、短時間の装具の着脱での水遊びは
可能ではなかろうか・・・とのことでした
逆に、足カバーを着ける方が滑ったりして危険なので、
「プールに入るなら外す方が良い」とのことです
念のため、本日17時以降に病院へお電話頂ければ、直接ご説明も下さるそうでした
その上で、保育園サイドとして、やはり多くのお子さん方に目配りや
安全確保上、人手が必要なら
私自身やヘルパーさん方でプールの間の見守りをご許可頂けないでしょうか
他のお子さんと一緒で、どうしても難しいのなら、
自宅にいくつかビニールプールと電動ポンプもあるので
それらを用意して、皆さん方の脇で一緒に水遊びをさせては頂けないでしょうか
息子は事故以来、ずっと窮屈な装具での生活に耐えてきました
自宅でプール遊びをするのと、園でお友達と一緒とでは
楽しさも格段、上だと思います
ただ、皆様にご迷惑をお掛けして、危険を伴って・・・では
何の意味もありませんが、どうにか保育園最後の
プール遊びを息子にも体験させてあげたいと思っています
今朝、息子は「I先生と、お父さん、お母さんとの約束を必ず守る!」と、
笑顔で登園しました
その笑顔と気持ちを大事してあげたいと・・・
私も彼との約束を守ってあげたいと心から願っています
そのためなら、ご許可いただいた上でプール際で
見守りに伺わせて頂ければと思います
ご面倒は重々承知でのお願いです
どうかもう一度、ご検討くださいますようお願い申し上げます        
  2006年6月27日
                                   〇組み 母 jibun
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-28 09:06 | 学校・保育園 | Comments(0)

長男のプール

プール開きはしたものの・・・
連日ぐずついた天気でプール遊びはありませんでした

ただ、これから夏本番に向けて
プールに入るために、保育園側の要請で
長男の足の検査をしに
二人で病院へ行ってきました
レントゲンの結果、短時間なら、無理をせずに装具を外しても
大丈夫とのことで、診断書をもらい、息子と喜んで帰ってきました
「これでみんなとプールできるね^^」と・・・

それなのに突然
「やはり安全上、一人だけ特別に配慮は出来ないので無理です」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことは、初めからわかっていることで
何を今更・・・と怒りと悔しさが襲いました
・・・が、怒っていても前には進まないので
主治医の先生に再度確認し、気持ちを落ち着けて
手紙を書きました

守るべきは子供の「心」ですから

そのためなら何でもします

やる前から諦めたりしたくありません
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-27 09:06 | 学校・保育園 | Comments(0)

救急車

昨日、日帰り入院してまいりました(^^)ゝ

前日から膀胱炎がひどく
いつもの鎮痛剤も効かず
あまりに痛むので、子供達が保育園に行ってから119へ。

大事には至りませんでしたが
何とかお迎えr時間にも間に合いました^^;
子供達もとても心配してたので
夕方顔を見た瞬間、涙がこぼれました

点滴も今日で終り、少し身軽になれたかしら

偶然・・・
救急隊の一人が言いました
1年半前・・・
「僕が貴女を病院へ運びました」

その言葉に色々な想いが複雑に込み上げてきました
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-24 14:16 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(4)

理学療法士 S先生

昨日はリハビリ
体調不良もあり、リハ室で起立台に乗りながら
点滴をしてもらいました

S先生は若くしてリハビリ科の科長さん
とても忙しい方です
それでもいつもしっかりリハビリしてくださるし
困った時に相談できる頼れる存在です

昨夜は仕事帰りに家に寄ってくれて
私が使うリモコン一式の台を作ってくれました
特殊加工が出来るプラスチックと子供達にケーキの差し入れを持って

日中、多くの患者さんに追われ
打ち合わせや会議で忙しいのに
我が家に頼れる男手もいないので
助けに来てくれました

作業が終わって余った材料で
子供達の手形を取ってくれ
「いい記念になるよ^^」と

本当に「人」に助けられて
私は生かされています

その気持ちに報いるためにも
しっかり生きて天寿を全うしなければ

先生
ありがとう
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-22 12:30 | 学会・勉強会・授業 | Comments(2)

点滴^^;

先週からの体調不良。。。
検査の結果、やはり感染症らしく
残念なことに内服薬では無理だそうで
点滴をすることになりました

4日間あるので
昨日はリハビリしながら1本打ってきました^^;

今日もこれから流します
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-22 09:58 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(0)

父の日

お父さん不在のまま向える父の日

子供達は保育園で絵を描いてきてくれたので
それと一緒にお酒を送った

週末帰宅しても、家ではビール以外ほとんど飲まない(飲めない?)ので
子供がそのことを気にしていた
「お父さん、家ではお酒飲まなくなったね」と

だから今回荷物の中に昔好きだったお酒を入れた
本人曰く「気を使わないで」とのことだったが
私は離れて暮らす息子達が
常にお父さんの存在を身近に感じていて欲しかった
ただそれだけです

住所も知らないお父さんへ
子供達の想いを届けたかった

ただそれだけ
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-18 09:58 | 結婚・離婚・パパ? | Comments(0)

気合p(^o^)q

行事が続き、パパ不在が長い(6週間)せいか
少々、身体がトーンダウンしてきたようです^^;
珍しく食欲減退中~
去年の今頃も・・・
食欲不振の後、黄疸が出て胆石が胆管をふさぎ
胆のう摘出となってしまいました><
もう、胆のうはないので、同じことはありませんが
梅雨のこの時期・・・
身体がきしむ時期なのかしら

7月12日迄は
踏ん張らないと
子供達が元気でパパに会えるように
お母さんFight!
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-16 09:55 | 気合と根性 | Comments(2)

七夕飾りと回転寿司

昨日は生憎の雨。。
子供達は1日中家の中で遊びました
10時から子供達と遊んで下さるヘルパーさんが来ますが
さすがに外へ行きたくてうずうず状態^^;
そこで、かなり気が早いけれど、七夕飾りを作ることに。。。
2年ぶりの笹かざりに大喜びでした^^

ちなみに
今夜はみんなで回転寿司へと繰り出します
生ものがダメだった長男も、ようやくマグロが食べられるようになったし
次男は元々マグロ大好きなので^^
車椅子で行けるお寿司屋さんがあって何よりでした
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-12 13:25 | 子育て&KIDS | Comments(3)

保育参観

天気も晴れて
心も落ち着き
これから子供達の保育参観に行ってきます
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-10 08:35 | 学校・保育園 | Comments(2)

シアワセと孤独

子供と一緒にいられるシアワセ
腕枕をしてあげられるシアワセ

そのシアワセを感じながら襲ってくる孤独
シアワセと孤独を同時に感じる違和感

来月
パパと子供達は夏休みをとって
パパの郷里に里帰りをする
去年に続けて2度目
私はまた3日間一人ぼっち

3日間
家にこもるのは気が滅入るので
少し外出を考えてはいるものの
やっぱり切ない・・・

やっぱり虚しい・・・

私の人生に

家族揃って・・・

は、無縁のようです
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-09 08:45 | ひとり言 | Comments(2)

じゅもん

疑うより
信じていたい
たとえ心傷は消えなくても・・・

無くしたもの
探しにいこう
いつか
いつの日か
見つかるはず・・・

                          小田和正「たしかなこと」より

理由あって、悶々としていました
6月に裏切られたから・・・
ちょっとトラウマ的にハマリつつあり、
子供達が登園したらぽつんと一人ぼっちの孤独感が襲ってきて
嫌なことばかりが浮かんできたけれど

だいじょうぶ
だいじょうぶ

一人じゃないからね・・・と

自分自身に話しかけています
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-08 09:50 | ひとり言 | Comments(1)

タイムマシーン

一昨日の夜、管に異常があり、急遽交換しました
いつもは病院での交換ですが、この日は子供達の横で
看護師さんが行いました
あまりの激痛に、顔をゆがめ、声を押し殺している私を
子供達がとても心配そうに見ていました
「ママいたい?」「お母さんだいじょうぶ?」

無事、交換が終わり、随分寝るのが遅くなってしまいましたが
子供達に見守られ、感謝・感謝です

そしてふと長男が
「おかあさん、タイムマシーンがあったらいいのにね
そしたらボクが歩ける頃のおかあさんをつれてきてあげるから」

涙が出ました
本当に子供達のほうがよほどしっかりしていて

もう一つ驚かされたのは
週末、お父さんがいるとき、いつもならお父さんと寝る子供達が
私の元へとやってくる
2階で「早く寝なさい」と言われるから下に来たらしいが
私も「早く寝ますよ」と言うとちょっぴりがっかり。

「お父さんは今週帰ったら7月まで来れないから一緒に寝れば?」と言うと
「お母さんが夜、病気になったら心配だから・・・」と長男

「お父さんは心配じゃないの?」と聞くと
「お父さんはね、心で心配するからだいじょうぶ」

5歳にして本当に驚かされます^^;
まさに字のごとく
こころ。。。を、くばる。。。
ですね^^
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-07 09:06 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(2)
何だか今朝はこんな気分です

悔しさと、切なさと
嬉しさと、寂しさ・・・

色々入り混じって心の糸が絡まっています

6月は・・・複雑な月

人生の最高の幸せと
最大の裏切りが同時に起こり、
私がこの世に生を受けた月・・・
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-05 09:53 | ひとり言 | Comments(0)

人として・・・

このところ色々雑務が増えて忙しい・・・

ヘルパーさんの車の件でご近所からバッシングされ、
その対応に追われていた
私は急いで月極めの駐車場を探し、「轢かれそうだった」と言うご近所さんへの謝罪を
ヘルパー会社へ頼んだところ、「こちらでは対応できないので、ご家族対応願います」との
返事。
それ以外にも、会社のミスで報告書の記載を誤り、訂正が必要になったことも
今日の今日になって「今から行っていいでしょうか」
私が今日明日は無理と答えると「それでは来月の末になるがそれでもよろしいでしょうか」・・・
なぜ、もっと早くに連絡が出来ないのか尋ねると、「月末月初はバタバタいそがしく・・・」
だそうだ
私の都合や体調は一切お構いなく、「自分が忙しいので」。。。

一難去らずしてまた一難・・・
昨夜、ヘルパーさんが誤って、虫よけスプレーを長男の目に噴射してしまった
応急処置で目の洗浄をし、眼科を探したが夜なので見つからず
急遽、今朝受診することになった
その連絡でヘルパ-会社の担当者は、「お子様の付き添いでしたら
有料になりますがよろしいでしょうか」の一言
状態を案ずる前にお金・お金・おかね・・・
私は子供達のためのヘルパーさんのために、月に20万以上実費で払っています
それを承知でお金の話・・・

正直、人として
この人たちには介護事業は向いていないと思いました

それ以外の人たちは本当に、お姉さんであり、お母さんのようであり
私達親子を支えてくれるかけがえのない方達ばかりです
# by jibundenaiwatasi | 2006-06-01 10:18 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(5)

私の思い・・・

> まず先に車の件ですが
> 近所の方が「すごいスピードで、ウインカーも出さないし、子供が轢かれそうだった」と
>
> 言っていることに対して
> 会社として何もお感じにならないのですか?
>
> 私は今週末、出来るだけのことはしました
> 地主さんに事情を話し、必要外のお金を払い
> 気分良く生活できるように駐車場の確保をしました
> お菓子に関しては、当のご本人(Aさん)は「スピードは出していない!」と
> おっしゃるので、直接謝罪も期待できないですが
> 実際、住宅地にしてはスピードを出してこられるヘルパーさんも
> いらっしゃったわけですし、今回の件で事故の起きる前に注意が出来て
> 良かったと思っています
>
> それに以前、Eヘルパーーさんが車の件でトラブルを起こした時も
> 私達は商品券を買いご近所周りをAWさんとしました
> それ以前に、主人が菓子折りを持って周辺への挨拶は済んでいたのにですよ。
> そして今回また・・・
> とめられる場所がどんどん無くなってしまったのは事実です
> それでも、会社として対応できないのでしょうか?
> こちらとしては、駐車場代や菓子代を請求しているわけではないのです
> ただ「すみませんでした」と会社を代表してどなたか来て頂きたいだけなのです
> そこのところを、もう一度ご検討くださいますようお願い致します
> 「AOヘルパーセンター」の看板の下に各ヘルパーさん方がいらっしゃるのですから。
> それでも尚、無理だとおっしゃるようでしたら、今回の件は
> 直接、社長様に事情説明も兼ねてご相談させて頂きます
> 改めてご検討下さいませ
>
>
> 次長様・コーディネーターK様・所長様
>
> お世話になっております
> 先ほど11:00にKさんよりお電話があり
> 14:00に伺ってもいいでしょうかとのことでした
> 本日は無理だとお伝えすると明日。(水曜は毎週リハビリです)
> それ以外は来月末になるとのお話。
> 月初は忙しいので・・・とのことですが
> 毎月月初は来るわけですから、もう少し事前に連絡はできないのでしょうか?
> 御社も月初は立て込んでいて・・・とご事情があるように
> 私にも日々の生活に「都合」と言うものはあります
> 第一、報告書の記載内容を間違えて訂正が必要になったのは
> 御社の手違いであって、それをこちらの予定はお構いなく
> 都合をつけて当然のようなご連絡、あまりに心寂しく思いました
> お忙しい中、ご自身の業務外のことが増え、大変かとは思いますが
> 各ヘルパーさん方に「間違いのないようわかりやすく!」が浸透すれば
> 今後は避けられるミスだと思うので、今回に限っては
> ヘルパーさん任せでファイルを届けるのではなく
> きちんとKさんなり所長さんなりが届けて頂きたいと思いました
>
>
> 最後に
> これを打つのに1時間を費やしています
> お電話では感情的になりそうな部分があり、
> メールにしてお伝えしています
> 保険見直しで何かとお忙しいとは存じます
> もう少しコミュニケーションが取れれば
> 本日のようなことはなかったように思えます
> AWさんやMさんのように明るく元気に
> 接してくださると、「今日そちらに伺ってもいいでしょうか」が
> 嬉しく感じるのだと思います
> ビジネスとしてはもちろんですが
> 「人」対「人」として
> 今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m
>
>
>jibun
>
> 追伸:Aさんが予定通りいらっしゃることを願っています
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-31 10:24 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(0)

ヘルパー会社の対応

> お世話様です。
>
> 会社として
> ヘルパーのご訪問の際の注意すべき点などは
> 今後も会社からとして注意、指導をしていきますが、
> お菓子をお届けするというのはjibun様の
> お気持ちの部分のことですので、
> ご本人様よりお渡しいていただくべきもので
> 会社として対応するところではない
> という見解でした。
> ヘルパー同行、もしくはご家族での対応をお願い致します。
> どうぞご了承くださいませ。
>
> 本日の夕方はHヘルパーとAヘルパーが伺う予定です。
> お休みの連絡は入っておりません。
>
> ㈱AOヘルパーセンター 西事業所
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-30 10:34 | ヘルパーさん&ヘルパー会社 | Comments(0)
パパがいる週末

2週間ぶりなので
次男はパパにベッタリ

長男はと言うと。。。
夜、いつも通り私の傍に来てくれた

「せっかくだからお父さんと寝ないの?」と聞くと

「お母さんがね、夜病気になったら心配だから・・・」

本当に
ただ、親だと言うだけで
こんなにも愛情を受けられて

つくづく
果報者な私だな~と思いました
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-29 09:15 | 子育て&KIDS | Comments(2)

見守っている

長男が公文を気に入ったようで
楽しくて仕方がない様子。。

我が家から公文までは30秒の距離
それでも年長さん一人で行かせるには不安なので
着いていこうとすると
「お母さん、一人で行けるからだいじょうぶ
そのほうがお兄ちゃんぽいでしょ」だって。

帰りに今度は先生が心配^^;
すると長男が「お母さんが見守っててくれるから大丈夫だよ」と
言ったそうです

お母さんは先生にとっても褒められました
そして息子の成長に涙と笑顔が一緒にこぼれました^^

これからもずっと
見守っているからね

だいじょうぶだよ

だいじょうぶだよ
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-25 10:28 | 子育て&KIDS | Comments(2)

多摩テック

今週はパパ不在

なので、先週の遠足リベンジにと遊園地に行ってきました
いつもの福祉タクシーに2人のヘルパーさん
久しぶりの晴れ間に園内は大混雑^^;
それでもいくつか乗り物に乗れてラッキーでしたし
ヘルパーさんがお弁当を持参してくださったおかげで
美味しく楽しく遊べました
暑い中、本当に感謝・感謝です

子供たちもたっぷり遊べて
良い週末になりました

おかげで今朝は元気に登園です(^^)v
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-22 09:23 | 子育て&KIDS | Comments(6)

復活の兆し^^

今週低迷気味のわたし。。

大好きなヘルパーのSさん
娘さんがインフルエンザで一週間急遽お休みでした><
我が家の息子達が病気の時、色々優しくしてくれたSさん
早く回復されて、ご自身や他の家族の方に移らないことを願うばかりです

そのSさんが今日から仕事に復帰しました
私はなんだかとてもホッとして
とても嬉しくなりました

人の力って本当にすごい!です

その他にも
お母さん代わりによく気遣ってくださるMさん
子供たちもなついていて大好きな「おばちゃん♪」
パパが出て行った後、子供達に何かあったら知らせてと
携帯と自宅を教えてくれました
有り難くて涙が出ました

昨夜も、子供達と一緒じゃ、野菜が採れないだろうと
かぼちゃや大根を煮て持ってきてくれました

人のぬくもりに救われて
その人たちの温かさに答えられるような人でありたい・・・
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-20 10:45 | 手紙・感謝 | Comments(0)

一進一退

今週はとても気分が揺れています
心の奥がざわついて
ちょっとしたことに過敏に反応してしまいます

子供達のキスの嵐は続いていて
とても幸せです。。。

それでもまだ
私自身を認め、包んでくれる人の存在を欲しています

どこをどう探しても
いるはずもないのにね
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-19 10:01 | ひとり言 | Comments(6)

弱音。。。

心がギューっとしめつけられます
やはり誰かに心を開きたいです
自分の中だけでは破裂しそうなときがあります
でも・・・
今の私には誰もいません
私を抱きしめてくれる人は
一人もいません・・・
たぶん?

かかりつけの主治医の先生も
リハビリの先生も
とても良い先生ですが
忙しすぎて・・・忙しすぎて・・・

心が苦しいとき
これからもずっと
涙とともに
一人で飲み込まなければならないのでしょうか

それが私の運命なのでしょうか
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-18 09:07 | 後ろ向き | Comments(4)

波を越え

自分はいらない
誰からも愛されない
・・・・・・

そんな波を乗り越えて
ほんの少しトンネルから抜け出てきました


あと少し
私は子供にとって必要な人間だ
私を愛してくれる人はどこかにいる


だから乗り越えて
前を見なくちゃね
後ろに闇が広がるなら
前にはきっと光が満ちている

きっと・・・
# by jibundenaiwatasi | 2006-05-16 09:05 | エッセイ進捗・結果 | Comments(8)