「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi

<   2010年 06月 ( 42 )   > この月の画像一覧

早く。

6月が終わってほしい…
by jibundenaiwatasi | 2010-06-30 16:12 | 後ろ向き | Comments(4)
Thanks for your mail. It's nice hearing
from you again from e-mails.
I had understand your situation
and you need not to apologize.

Your mother just wanted to greet
you as she couldn't come your B-day (Today).
She had called me up yesterday for hoping
that she can drive me to your house
but her cooking was not yet done.


I think she just really don't understand
well on how you let your children grow up.

You had doned
your very best and just
don't mind of what she had been saying.

And because of your good efforts,
they were growing up better day by day.
Actually, she had really worry
about you and your children although she's helpless
because she was already on her
age and not feeling well too.

Maybe she couldn't work anymore
because of suffering w/ her foot w/c is incurable.

N-san had also e-mail &
called me up for thinking that I am on duty
and at least can assist
her for your surprise B-day party.

It's nice to have a friend like her.

Once again, HAPPY BIRTHDAY!!! ・

p.s. I had see the pictures of A and N.
It was great & fantastic.
It will be a nice a remembrance.




>I'm sorryed for getting irritated for yesterday.
>T's mama cooked at home the other day.
>It was sad though was glad.
>Because I loved cooking than anyone.
>It was not possible to become [t] mama
>who cooked in my sanctuary
> and to become obedient feelings.
>Such I was hated.
>grandma also After all,
>it was not able to be pleased though feelings were glad.
>Still, it is an inexperienced worker. I.
>There was Mr.M and it was good. Thank you.



いつまでも、イジイジしていないで
頑張ります。
6月が終われば、きっと戻れるはず。

頑張るお母さんに。

いつも、
ありがとう。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-29 09:02 | 手紙・感謝 | Comments(2)

救い。

病と闘うその人から送られてきたお花。

何よりも

何よりも

心が救われます。

ありがとうu_u
a0061973_13394995.jpg

by jibundenaiwatasi | 2010-06-28 13:40 | 手紙・感謝 | Comments(2)

聖域。

動けなくなって

大好きだった料理を諦めた。

諦める以外の選択肢が無かったから。

ヘルパーさんに、キッチンを託すのは生きるため。


・・・。


友人が誕生日を祝ってくれた。

忙しい時間を割いて

材料を沢山持って

手作りケーキに手の込んだ料理の数々。
a0061973_13253597.jpg



・・・。


台所に立ち、

食器棚や冷蔵庫を開け

手際良く料理を仕上げる。


・・・。


心のこもった料理の数々。

そこにあるのは”真心”だけ。

純粋な”心”だけ。

・・・。


だけど・・・。

ここだから書くけど・・・。

ここにしか書けないけれど・・・。



私も・・・
料理好きだったんだよね。

私も・・・
家族の誕生日に一生懸命、
料理作ってたんだよね。

私も・・・
友達が来る時
得意料理に手作りケーキで
もてなすことが好きだったんだよね。

私も…。

私も…。



心が歪んでいるから素直に受け取れない。

笑顔の裏で泣いている。

強がるしか出来ないから本音も言えず

「すごいねー。おいしいねー。」と笑いながら

心はガラガラと崩れていった。



人の気持ちを想いやる。

難しくて出来ない。

料理が好きで好きで好きで・・・

その人の“聖域”に立つってどんな気持ちなのだろう?



みんなで

ワイワイ

ホットプレート囲った方が

どれだけ気が休まったか。



心づくしをしてくれる友人を前に

涙がこぼれないか

ヒヤヒヤしながら過ごした時間。



こういう思考自体が

きっと、


不幸なんだよね。

きっと。


お祝いしてくれたんだから
素直に喜べばいいのにね。


心の狭い人間だ
私は。


ちっぽけな人間だ
私は。


歳をとっても
”心の器”だけは
成長しないみたい。

残念。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-28 13:25 | 後ろ向き | Comments(6)

心壊れて。

元々、

心が壊れて始めたブログ。

たまには、

こういう日もあるさ。

でも、

このくらいで止めとこっと。

また、

「あんた、文句言い過ぎ」って

言われそうだもんね。

めんどくさ~。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 18:48 | ひとり言 | Comments(0)

卑屈だね~。

情けないねー。

卑屈だねー。

哀れだねー。

惨めだねー。

でも、

一番お似合いだよねー。

私には

ピッタリの

最高の日かもしれない。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 18:39 | 後ろ向き | Comments(0)

誕生日はいらない。

私の誕生日はいらない。

メデタクナイから。

元々、不幸ばかりの誕生日。

今更追加しなくたっていい。

いつも通り

平穏に過ぎ去ってほしい。

私の誕生日は

ロクなことがない。

どうしてだろう。

何だか、1年で一番嫌いな日だ。


私の誕生日は
2004年11月9日。

それ以外の誕生日なんて知らない。

1971年6月28日生まれの”その人”は
6年前、
2004年の11月9日に死んだはず。

”あの2人とプラス1人”の手によって
この世から消し去られたはず。




그놈들에는, 나, 장애물이기 때문에・・・
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 18:34 | 後ろ向き | Comments(2)

身勝手。

身勝手、自分勝手が続きます。

自分たちから、遊びにおいでと誘っておいて

「受験生いるから、来年ね。」って

いったい何?

受験って、急に決まったんかい?

最初からわかってたんじゃないの?

中3なんだからさー

来年、受験だってこと、

動ける親が2人も揃って

忘れてたってか。

だったら、最初から、誘わないでほしい。

子供たちは大喜びで

友達一家から誘われたキャンプも断って

私も、新幹線で行く段取り取って

アホらしい。

あーーーっ。

アホらしい。



정말 귀찮해ー。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 18:18 | ひとり言 | Comments(0)

~したいわけじゃない。

別に、生きたいわけじゃない。

ただ、死ぬこともできない。

寿命は・・・

私が決められるものでもないから。

頑張りたいわけじゃない。

ただ、頑張っていないと”心”が持たないだけ。

強いわけじゃない。

ただ、強がっているだけ。

動かないんじゃない。

ただ、動けないだけ。

その分、

誰よりも頭使って神経使って

毎日毎日やりくりしている。

動けないことをハンディにしないように

何倍も何倍も

神経使って

頭使って

必死で生きている。

どうして、そっとしてくれない。

どうして、踏みつける。

そんな気はない。

そんなつもりはない。

いつもそう言って私の存在を無視する。

生まれて来たかったわけじゃない。

ただ、生まれてきてしまった。

だから、生きている。

生まれてきて、最期の時を迎えるまで

自分なりに生きてみようと

毎日毎日、踏ん張って、歯を食い縛って。

邪魔をしないで!

私は今は生きる道しかないのに。

これ以上、

邪魔しないで!

私が一番

「自分が要らない」と思っているのだから。

これ以上、近寄らないで!!!






나의 자존심등, 아무 것도 없다.
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 17:58 | ひとり言 | Comments(0)

愚痴を書きます。

スルーしてください。
by jibundenaiwatasi | 2010-06-27 17:43 | ひとり言 | Comments(0)