「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi

<   2010年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

春。

我が家のお花。
春は、すぐそこに・・・。


ギョーローズ・エリアーヌジレ(ピンクのつる薔薇2年目)
a0061973_18285759.jpg
a0061973_18291029.jpg

花言葉は
「上品」「愛を持つ」「しとやか」



ブルーベリー
a0061973_18304580.jpg

花言葉は
「好意」「信頼」「思いやり」「親切」



マーガレット
a0061973_18314236.jpg
a0061973_1832012.jpg

花言葉は
「恋を占う」「貞節」「誠実」「心に秘めた愛」「真実の友情」



ガーデンシクラメン
a0061973_183371.jpg
a0061973_1833242.jpg

花言葉は
「内気」「はにかみ」「遠慮がち」「疑いを持つ」
(赤)「嫉妬」
(白)「清純」



ハナミズキ
a0061973_18334359.jpg
a0061973_1834098.jpg

花言葉は
「私の思いを受けて下さい」「公平にする」「返礼」「華やかな恋」

                                撮影:2010年3月30日 hiroさん

*我が家のデジカメは、只今USBケーブルが破損中(T_T)
そこでhiroさん自慢の一眼レフで撮影してもらいました♪




by jibundenaiwatasi | 2010-03-31 18:41 | 薔薇・草花・ガーデニング | Comments(4)

満喫o(^-^)o

a0061973_8451071.jpg

二泊三日のスキーから、無事に戻りました。

また、来年も行きたい〜と、
大はしゃぎ。

それなりに、
ボーゲンをマスターして、成果大です(^O^)

お帰り〜。
by jibundenaiwatasi | 2010-03-31 08:25 | ピアノ・野球・スキー・水泳 | Comments(8)

大野さんへ。

おはようございます。

デジ魂!拝見しました。
そして笑って泣きました。

先日、大切な人のお見舞いに行ってきました。

車いすの私が、一人、手に装具を着けて
大荷物をぶら下げていると、
看護師さんが、「どちらの患者さんですか?」と
尋ねました。

患者でなく見舞いですと告げると驚き
病室に案内してくれました。

今回、
お見舞いのCDに大野さんの曲を選びませんでしたm(_ _)m
アルバムの中の
「22歳のひとり言」も…
「天使が舞い降りた朝」も…
大好きな曲だけど、
病気と闘う人には、あまりにも切なすぎて…

そして今朝
あらためて「ヒリヒリ」を聴きながら
私は心が救われました。
歌の力は凄いです!

4月3日からのbayfm
どうか、
「生きていれば」や「光射す方へ」など、
on airして下さると嬉しいです。

もちろん、Bay fmへも
リクエスト送っていますm(_ _)m
by jibundenaiwatasi | 2010-03-30 09:46 | 大野靖之さん | Comments(2)
デジ魂!
大野靖之さんが観られます!

新曲「ヒリヒリ」のプロモーションを観て
泣きました。

>胸のひりひり僕がもらう~

今、
私の中の「ヒリヒリ」は
大切な人の病状。

他のヘルパーさんが
洗濯を干しに2階へ行っている間、
朝から
思いっきり号泣モードです。

「ヒリヒリ」の歌詞が・・・
ズン。と胸に響きました。

ヒリヒリ

大野靖之 / ユーキャン

「胸のひりひり
 僕がもらう~♪」と
大野靖之さんの名前を
全国の人に知ってもらいたいです。

スコア:


by jibundenaiwatasi | 2010-03-30 09:19 | 大野靖之さん | Comments(6)

一人暮らし。

昨日、今日は

一人暮らしです。

とは言っても、

午前中訪問看護を受けて

午後はリハビリ。

空いた時間に入学準備etc・・・

ネットで子供たちの楽しそうな様子も見られて

今日はこれで寝ます(_ _)zzz

おやすみなさい。
by jibundenaiwatasi | 2010-03-29 19:34 | ひとり言 | Comments(2)

その昔。

昔々・・・。

って、

32年前。

・・・。

相当昔だ・・・。

ぴかぴかのランドセルを背負って

通学していたあの頃。
(家→徒歩20分→電車20分→乗換えて
電車1分→徒歩15分)

高層マンションが建った以外は

ほとんど何も変わらない。
a0061973_18465872.jpg

車いすで踏切だけは怖かった(>_<)
a0061973_18471980.jpg


ただ、

古い駅舎には、スロープとエレベータがあった。

中学の頃

お昼を買ったサンドイッチ屋さんや、

のり巻き屋さんはそのまま。
a0061973_1848299.jpg


9年間通い続けた“通学路”

そのすぐそばに

”大切な人”が入院している。

懐かしい桜並木を通りながら

涙がこぼれた。

複雑な気持ちでいっぱいになった。

だけど、また来よう。

そして今度は、

一緒に桜を見よう。




*写真*
通りすがった人にお願いしましたu_u
by jibundenaiwatasi | 2010-03-29 18:54 | ひとり言 | Comments(4)

病院へ。

明日、

保育園の母さんたちの「お疲れ様会」が終わったら

その足で

病院へ行ってきます。

顔が見たいです。

顔を見て安心したいです。

ただ、

元気でいてくれるだけで。

ただ、

顔を見るだけで。

それだけで・・・。

それだけで・・・。


「・・・。」


なんでもっと早くに・・・。とか

悔んだって仕方がない。

私にできること。

それを一番に考えよう。

a0061973_17411554.jpg


車いすの後ろに

ありったけの想いを積んで

行ってきます。

S字フックにぶら下げて、

一人での冒険です。

***********************************

9か月間の入院中
星野富弘さんの絵はがきを偶然目にした。
衝撃が走った。
私と同じ、第4,5番頸椎損傷。
口で絵筆をとり、見事な作品の数々に
心打たれ、勇気をもらった。
そんな多くの作品の中でも
とびきり心に留まった2点です。


鈴の鳴る道―花の詩画集

星野 富弘 / 偕成社



星野富弘 「鈴の鳴る道」より

a0061973_1964178.jpg


いのちが一番大切だと思っていたころ

生きるのが苦しかった

いのちより大切なものがあると知った日

生きているのが嬉しかった



a0061973_19351359.jpg


今日も一つ 

悲しいことがあった

今日もまた一つ 

うれしいことがあった

笑ったり 泣いたり

望んだり あきめたり

憎んだり 愛したり

・・・・・・・

そして これらの一つ一つを

柔らかく包みこんでくれた

数え切れないほど沢山の

平凡なことがあった


*********************************

苦しいとき
逃げ出したいとき
繰り返し
何度も聴いたっけ。
だから「今」しあわせなんだ。 
私の「原点」。                           
by jibundenaiwatasi | 2010-03-27 17:59 | ひとり言 | Comments(10)

桜。

パンパンに膨らんだ蕾。

a0061973_16282579.jpg


空を眺められるしあわせ。
by jibundenaiwatasi | 2010-03-27 16:28 | 薔薇・草花・ガーデニング | Comments(4)

いよいよ。

明日は初スキー。

週末の冷え込みで

雪はバッチリ。

荷物もバッチリ。

気をつけて

行っておいで^^
a0061973_1621286.jpg
a0061973_16213487.jpg



私は・・・

保育園のお母さんたちと

「お疲れ様会」です^^

そのあと

ずっと、

気になっていた場所へ。

私にできる

精いっぱいの想いを持って。
by jibundenaiwatasi | 2010-03-27 16:22 | ピアノ・野球・スキー・水泳 | Comments(2)

最後。

a0061973_1752016.jpg

今日で最後の登園日。

たくさんのお友達と先生に見送られ、園をあとに。

長い間

ありがとう!
by jibundenaiwatasi | 2010-03-26 17:52 | 学校・保育園 | Comments(6)