「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

回想。心の豊かさ。。。

31年前。

家にはもらい物のオルガンがあった。
家は”バラック”と呼ばれる長屋だった。

韓国から船で逃げて来た父。
日本で生まれた育った母。
お見合い結婚だった。
まさに、裸一貫からのスタート。

喧嘩も多かった。
家も貧しかった。
だけど、
懸命に働く両親の姿が好きだった。
母は、
多少?かなり?男性優位社会の名残か
兄の方を優先していたが、
私にとっては
兄は優しく、男らしく、カッコ良かった。
そして
何もかも、自分たちの手で積み重ねていく両親は
誇らしかった。

貧しくても、
心は豊かだった。
自然に囲まれた環境で
心はとても豊かだった。

そんなある日、
近所にピアノ教室が出来た。
音楽好きの私を
両親は、ピアノ教室に通わせてくれた。
嬉しかった。
本当にうれしくて一生懸命通った。

けれど、世の中の厳しさを知ったのもこの頃。
通っていた教室の先生は
名家のお嬢さん。
グランドピアノにアップライトを並べてレッスンをする。
「〇〇ちゃんの家はオルガンしかないんだよね。
 オルガンで練習してもね~・・・」と言った。

私は、すぐに教室をやめたいといった。
理由は「もう、行きたくないから」と、しか言わなかった。
折角、通わせてくれた両親に申し訳ないと思ったから。
だけど、先生の言葉は伝えなかった。
ご近所さんだから。6歳だけど言えなかった。
悔しくて泣いたことも、両親は知らない。

だから、学校で偶然入った部活で
ピアノのご先祖様(洋琴)を弾いたとき
ようやくふっ切れた。

歌が大好きだった長男。
色々あったけどピアノは続けている。
次男も、少しずつ楽しめるようになってきた。

そんなときふと、浮かんできたのは
「そうだ、自分のためにピアノを買おう」
もちろん、私には左手の装具に着いたペン1本。
弾ける曲は簡単な童謡だけ。
それでも、自分のために買おうと思った。

大人になって思うと、
当時の教室の先生は、家は豊かかもしれないが
心が貧しいと思った。

だから、返って両親の“気持ち”が有り難かった。
その後も、キャンプや合宿、色々我慢することもあったけれど
3年生の時、家を建てた両親が誇らしかった。
何もない所からの一大決心。
兄と、50円のアイスを半分ずつ食べたことさえ、いい思い出。

「お金じゃ買えないものがある」
カード会社の受け売りみたいだけど、
「心の富を蓄える」とは、まさにこのこと。

貧しさの中にあった「心の富」
あの頃の自分へのご褒美に。
「今」の私が
「お墓より価値あり」と、思えたから。

心穏やかに
心豊かに
少し先の「未来」に思いを馳せながら・・・。
by jibundenaiwatasi | 2009-04-30 09:01 | 生い立ち・父・兄・母 | Comments(4)
以前から、「お墓」を買おうか迷っていた。

けれど、お墓なんかいらない。

そう思ったらふっ切れた。

生きるために

自分のために

ピアノを買う。
a0061973_1933652.jpg

by jibundenaiwatasi | 2009-04-29 19:32 | ピアノ・野球・スキー・水泳 | Comments(4)

緊急連絡先。

進級、その他担当者の異動などで
「緊急連絡先」を書くことが多い。

そんなときは、
はっきりと
「身寄りはいません」と答える。

万一に備えて
弁護士さんに後のことは頼んである。
当座の子供たちのこと。
葬儀などはしない旨など。

だから万一の時の連絡は
「弁護士さん」となる。

でも、
私はしばらく生きる。

子供たちの成長を見届けるために。
私は生きる。
by jibundenaiwatasi | 2009-04-29 08:54 | ひとり言 | Comments(2)

ショートボブ。

次男の卒園に向けて伸ばす予定だった髪。

やっぱり、バッサリ切ってきます。

週末、ピアノの発表会があり

息子達の髪も揃えるので

ついで。。。と、言うことで(^^;)

長くベッドにいるせいか、

どうしても伸ばせない。

だったらいっそのこと、

短く。短く。

もう、

長い髪を内巻きに・・・といこともないだろう。

思い切って、

バッサリ。

気分もサッパリ。

してまいります(^-^)ゞ
by jibundenaiwatasi | 2009-04-29 08:45 | ひとり言 | Comments(0)

懺悔。

悔いて

詫びることで

自分の心も

解放される。

人はプライドが邪魔をして

素直に詫びることが出来ない。

本当に

心から

「すまなかった」と

そう言えたなら

きっとその人は

新たな一歩を踏み出せるはず。

そしてその一歩は

明るい未来へと続いている。

人を踏んでも謝れない人間には

何の未来もない。

何の希望もない。

何の光もない。
by jibundenaiwatasi | 2009-04-29 08:41 | ひとり言 | Comments(0)

お会いできて。

嬉しかったです。

「今」の幸せを大事に

お互い頑張って生きていきましょう。

本当に、

これからも、末長くよろしくお願いします(^-^)
a0061973_19342033.jpg

by jibundenaiwatasi | 2009-04-26 19:39 | 手紙・感謝 | Comments(4)

「手紙」友人。

S先生。

こんばんは。
昨日とは正反対の快晴。
でも、病み上がりだったので
家でじっとしていました^^;

今日は、
遠くから友人が我が家を訪ねてくれました。
何とも嬉しい訪問です。

家族の大切さを実感した温かさと
喜びが伝わってきて
私も何だか嬉しくなりました。

先生。
先生は寂しくありませんか?
笑っていますか?
ゆっくり休めていますか?

先生。
逢いたいですよーーー!
ryo-smilefight@ezweb.ne.jp
by jibundenaiwatasi | 2009-04-26 19:38 | 手紙・感謝 | Comments(0)

NEW。

2年も経たずに擦り減るタイヤ。
「いったい、どこを走っているのですか?」と、
毎回聞かれます^^;
前回は、前輪も割れた。
今回は、ツンツルテン。
それでも、
行ける所ならどこへでもp(^0^)q
a0061973_1844162.jpg

by jibundenaiwatasi | 2009-04-26 18:45 | リハビリ・車いす・装具 | Comments(6)

MEMO⑥

a0061973_18401250.jpg
a0061973_18403777.jpg
a0061973_18411047.jpg
a0061973_18414177.jpg
a0061973_13565434.jpg

by jibundenaiwatasi | 2009-04-26 18:41 | リフォーム・収納・EV・ひと工夫 | Comments(0)

和み。

風邪で寝込んでいる間に
いちごもほのかに色づいて
木々の緑も鮮やかな季節へと・・・。
a0061973_18361214.jpg
a0061973_1837158.jpg
a0061973_18372422.jpg
a0061973_18375321.jpg
a0061973_18382776.jpg
a0061973_18384430.jpg

by jibundenaiwatasi | 2009-04-26 18:37 | 薔薇・草花・ガーデニング | Comments(8)