「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi

<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

臨時の夏休み?!

週末、子供達はとても楽しい時間を過ごせました
お祭り、花火大会、お父さんとの工作、鉄道模型博物館、
自宅で花火。。。^^
あまりに楽しかったせいか、夜お父さんが「帰るからね」と言った途端
まず先に次男が大泣き><
しばらくして落ち着くと今度は長男が「帰っちゃいやだー」と泣き叫ぶ
「僕も連れて行ってー」。。^^;
子供達も日頃から我慢していたのでしょう
いっぱい泣いて、泣きつかれて眠りました

私が小さいとき、父はいつも家にいました
自営業だったから、学校が終わって帰ると「おかえりー」と迎えてくれて。。

息子達にとっては、パパといられるのは月に3日~4日。。
一緒にいられる時間は少ないけれど、
いつもお父さんのことを思っていてくれる優しい子供達です
私達にはもったいないくらいの
自慢(親ばかです^^;)の息子達です

そんな息子達に
今週1週間は、臨時の夏休みにしました
今まで良く頑張ってくれたものね

ただただ、感謝・感謝です
by jibundenaiwatasi | 2006-07-31 09:46 | 結婚・離婚・パパ? | Comments(0)
「梅雨明け?!」

天気予報が外れました^^
そとは見事な快晴!
ようやく夏本番。。なのでしょうか
本日、我が家はウッドデッキの拡張工事中~
子供のプールを広げると、足の踏み場もありませんでした^^;
これで私もUターンが出来るかも(^^)v

「夏祭り」
昨夜はこの地に来て初めての夏祭り。
最初の年は次男のお産で×
翌年はパパ体調不良で×
その次は事故で入院×
念願叶ってようやく行けました
2人の息子にお揃いの恐竜の浴衣を着せて。。(^^)v

「花火大会」
今夜はみんな揃って花火を観に行ってきます
夜の外出に備えて、馴染みのヘルパーさんをお願いしました
子供達と行く、初めての花火大会です^^
by jibundenaiwatasi | 2006-07-29 09:45 | 子育て&KIDS | Comments(1)

う~ん 微妙~?。。

今日は訪問看護の日

苦手な看護師さんでちょっぴりブルーなところへ。。
管のおしっこが行ったり来たりで逆流している・・・
「管の調子が変ですよ」と言っても
「どうもなっていないわよ」で終り。
自分で見てみて「ああ、やっぱり・・・」と言った感じです^^;

結構、慢性的な膀胱炎も、こうしたちょっとしたことから
掛かりやすいような気がします
いくら抗生剤の点滴をしても、普段から気をつけなければ
あまり意味がないような・・・

第一、入浴中に耳に泡をどっさり入れて
「耳に泡が・・・」と言ったら、シャワーを勢い良く耳に入れた><
正直、驚きました^^;

自分の耳も、同じように洗ってるのかしら???

入浴が終わって出てきたら、今度は
「血尿が出てるみたいだから採血と検尿しますね」
「・・・???」

昨日、熱が高かったこともあるので
念のための検査ですが、何かこう、釈然としない感じです

日ごろから、もう少し人の話を聞いてくれると良いのですが・・・
痛ければ「鎮痛剤飲んだ?」だけで終わらせないで欲しいものです
by jibundenaiwatasi | 2006-07-28 14:10 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(4)
昨夜も次男と2人っきり。
9時にはテレビを消して子守唄。
機関車トーマス、かたつむり、おつかいありさん・・・etc
お兄ちゃんと一緒だと、遊んだり喧嘩したりで一騒動。。
いつも10時前に寝せようと悪戦苦闘^^;
10時を過ぎるとお母さんに角が出ます^^;
さすがに一人だと早々と眠りました
そして寝顔を見ながら、次男に私のかぶっているタオルケットを
掛けてあげたくて、右手を必死で伸ばしました
そうは思っても右手の自由はほとんどないので、
痙せい(痙攣)を使って「え~~い」と頑張って見事成功!
そして最高に嬉しかったのは、無意識に次男が手を伸ばし
私の手をギューっと握ってくれました
うれしくて、うれしくて。。
私もとても気持ちよく眠りにつくことが出来ました^^
by jibundenaiwatasi | 2006-07-26 08:34 | 子育て&KIDS | Comments(2)

ふたりっきり。。^^

長男はキャンプへ出掛けました
前日、祖母のところへ泊まり。。
8ヶ月ぶりに孫と過ごせて、おばあちゃんもご機嫌でした
(大人の思いなんかどうだっていい
  息子の笑顔が見れたらそれで充分^^)

おかげで昨日、今日は次男と2人っきり
ちょっと寂しいけど、
お母さんを独り占めできて
次男にはいいかも。
寝る時の子守唄も歌いたい放題だしね^^

次男のぶちゅー&ぎゅーで
お母さんは幸せのデレデレです^^;
by jibundenaiwatasi | 2006-07-25 19:29 | Comments(3)

一生、他人のめし

話し合いも平行線をたどっている時
彼に言われた最大の言葉は
「子供達に一生、他人の飯を食わす気か!」
「お前はおもちゃが壊れても直せないじゃないか!」
・・・・・・・・
色々なことを飲み込んできたけれど
この言葉にはさすがに「怒り=憤り」がこみ上げてきました
「だったら私を元の身体に戻してよ!」
思わず叫びました
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
料理が大好きだった
歩けないことより
手が使えないことの方が辛かった
車椅子でも、手が自由なら、料理や洗濯、裁縫に子供達との工作・・・
出来ることが多かっただろうに・・・
・・・・・
一番辛いところをえぐられた
泣いても元には戻らない
だったら自分に出来ることを
精一杯しよう
・・・・・
悔しさは、きっと明日のバネになるはずだもの。
子供達の好きな料理の味付けを口でいい
休みの日は子供と一緒にケーキを焼く
料理のコツはしっかりと頭に入っているのだから
それを使わない手はない
・・・・・
泣いていたってご飯は出来ません
「今」の私に出来ること
それを守ろうと思いました

追伸:一緒にケーキ作りや工作をした長男
    「おいしい」、「たのしい」と喜んでくれた笑顔は
    いつまでも私の宝物です
a0061973_9105621.jpg
a0061973_13393167.jpg

a0061973_947652.jpg
a0061973_9492088.jpg

a0061973_975442.jpg
a0061973_95337100.jpg


a0061973_913043.jpg
a0061973_9414255.jpg

by jibundenaiwatasi | 2006-07-25 09:01 | 料理 | Comments(2)

熟睡(_ _)。。zzz

久しぶりに、熟睡しました
色々あって神経が高ぶっているせいか
寝つきが悪く明け方までもじもじ。。。が多かったけれど、
昨日は半年ぶりくらいに眠剤を飲みました
熱もまだ37.9度と以外にあり、とにかく身体を休めたかったので
飲んで寝ました
本当に久しぶりの熟睡です^^;

去年、毎晩眠剤と安定剤を飲んでいて
責められたことがありました
「なんでデパス(安定剤)が必要なんだよ!」と。

さすがに「貴方が理不尽なことを言うからよ」とも言えず
子供達と暮らすことを目標に薬を減らす努力をしました

彼が家を出て以来、まったく飲んでいなかったけれど
最近は体調不良での寝不足もあり、
とにかく何も考えず眠りたかった

目覚めも悪くなく、乱用や常用さえ気をつければ
休息にはなるかしら。。
by jibundenaiwatasi | 2006-07-24 09:17 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(1)

追加で点滴。

抗生剤の点滴が昨日で終わるはずでしたが、
熱が続くので採血をしました
結果は順調に回復傾向にあるようですが
念のため、もう3日追加投与になりました
主治医の先生も本当にやさしいです
在宅での生活。。色々な人に支えられて
成り立っています
by jibundenaiwatasi | 2006-07-23 12:17 | 病気・怪我・薬・訪問看護 | Comments(1)

家と車

私の退院に合わせて、住宅改修をしました
もともとバリアフリーだったこともあり、大きな工事の必要もなく
出入りに必要な昇降機を庭にウッドデッキを作り、取り付けました
部屋には車椅子に乗り移る時、身体を持ち上げるリフト。
車椅子で使える洗面台。
ベッドその他で300万。
車も車椅子対応で350万。。

事故の生命保険は1000万
残りは300万ほど。

家を処分して他に住処を構えるのには
あまりに心許ない
築3年での売却では、まともに売れても600万円の売却損
これも「おまえがどうにかしろ!俺は金はない」
「だったらどうして改修や車にお金を使ったの!」
「子供達が待ってるからとりあえずお母さんと暮らせるようにだよ」

・・・・・・・・・・・・・

途方に暮れる・・・まさにこの言葉がぴったりでした
そうは言ってもY氏は今にでも家を出たいと言う
時間がない

とにかく子供達と3人で暮らせる術がないかを
市役所へ確認に向いました
by jibundenaiwatasi | 2006-07-22 19:25 | リハビリ・車いす・装具 | Comments(3)

カレンダーと思い出の品

家に帰って驚いたこと。。
カレンダーに書かれた「Y 外泊 Y 出張の文字」
そして見たことのない携帯の番号・・・
この頃は、Y氏の父親が子供達の面倒を見てくれていた
私の退院前の貴重な時間・・・
子供達を祖父に預けて楽しんだのだろう
私が退院する前後がY氏の恋もピークだった様子
自身のブログにも、楽しそうな想い出を綴り、
「僕は今、恋をしています・・・」とあった
家にはANAの飛行機の風船や彼女の家にもあった
お揃いのような飾りが天井からぶら下がっていた
ここは誰の家なんだろう・・・
私は戻ってきて良かったのだろうか・・・

周りのみんなは口を揃えてこう言った
「やさしいご主人ですね
 育児と介護とお仕事で大変ね~
 素敵なだんな様でうらやましい・・・」

私も、入院中はそう思っていました
子供達を守ってくれている彼に感謝もしました

それは、
彼が子供達にまで嘘をついていると
知らなかったからです

子供達の「おとうさん、遊んで!」と呼ぶ声を無視して
握り締めた携帯で夢中にメールのやり取りをしているY氏

私は決心しました
子供達を守るのは私。

そのために何をすればいいか・・・
私の闘いの始まりです
by jibundenaiwatasi | 2006-07-22 15:32 | 結婚・離婚・パパ? | Comments(2)