「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi

カテゴリ:学校・保育園( 188 )

久しぶりに”授業参観”という名の大きな壁に直面した。

4月から副校長先生が替わり、予想していた通り
子供の教室は雲の上へと行ってしまった。

副校長先生が替わったといっても、校長先生は6年目だ。
状況を知らないはずはない。

ただ、知りたくないだけ。
関わりたくないだけだろう。

手間もお金もかけずに授業を見る方法、
それは、
次男のクラスだけ1階の図書室などで授業をしてもらうこと。

だけど、色々な事情でこれが案外難しい。

3階の教室まで、人海戦術するにしても、
人手を確保するのが大変だ。

1回 32、000円の階段昇降機のレンタルも
養育費が激減してしまった今では厳しいのが現実。

市への陳情もナシのつぶて。

挙句の果てに、
電動車いすが乗れない、壊れてバッテリーも無い
キャタピラ式昇降機を市役所サイドは学校へ置いていったらしい。
a0061973_938273.jpg
a0061973_9384342.jpg


これが、
市民からの陳情に対する答えなのだろうか。

置いていった方も方だが、
それを受け取った学校も意味不明である。

結局のところ、
悔しい思いや悲しい思い
はがゆさもどかしさの涙とともに
今週末、授業参観があります。

たかが授業参観。
されど授業参観。

越えなければならいない
大きな大きな壁です。
by jibundenaiwatasi | 2014-05-13 20:47 | 学校・保育園 | Comments(2)

最後の最後まで。

不愉快です。

卒業式後恒例の謝恩会の連絡が来ました。

段差全開の座敷居酒屋に場所を決めてから、
車イスでお座敷って大丈夫ですか?って聞いて来る始末。

もし、無理だったら2次会はテーブル席だからよかったらどうぞだって。

1次会が夕方6時からなのに、
2次会って?

元々苦しいクラスでしたが、
最後の最後まで期待を裏切らない対応に、
ある意味感心してしまいました。

一番越えられない段差は、
”心の段差”なのかもしれません。

*****************************

【人柄の違い】
同じ居酒屋でも、
段差や座敷のことを気にかけてくれる野球部とは大違いです。
ほんの少しの気遣いで、物理的な段差は乗り越えられます。
今回のクラスの対応は、”心の段差”に心が折れました。
by jibundenaiwatasi | 2013-03-16 09:17 | 学校・保育園 | Comments(2)
2学期最後の学年行事は、
クリスマスリース作り。
とっても素敵にできました(*^-^*)
a0061973_2093244.jpg

保護者会の内容は、
担任の先生が信頼できるので
特に問題なしでした。
by jibundenaiwatasi | 2012-12-07 20:10 | 学校・保育園 | Comments(4)

長男 社会科見学。

日生劇場で劇団四季のミュージカルを観て

国会議事堂見学。

a0061973_18304945.jpg

a0061973_18215317.jpg

by jibundenaiwatasi | 2012-06-05 18:21 | 学校・保育園 | Comments(0)

修学旅行の説明会。

ゴホゴホゴホ。。。

ぜこぜこぜこ。。。

長男の大切な修学旅行の説明会。

p(^-^)q

2泊3日の日光の旅。

たのしみねー。
by jibundenaiwatasi | 2012-06-02 17:15 | 学校・保育園 | Comments(4)

水筒一つが。。。

これほど面倒とは。。。

(^^;)

とほほ。。。です。

*****************************

Subject: RE: 水筒の再確認です。

jibun 様

 連絡ありがとうございます。
水筒の件では、御迷惑をおかけしています。
昨年度より、変更があり、校内で本日確認し、共通理解を図りました。
水筒は、学校からのプリントが出てから持参してよい。
登下校と休み時間に飲んでよい。
 これから、暑くなり、水分補給も大切です。
御理解、御協力をお願いいたします。

       副校長


*****************************

Subject: 水筒の再確認です。

おはようございます。

昨日、水筒持参のプリントを頂きました。
結果的に、
「前日までにクラスの確認」は、どのようにすべきなのでしょう?

また、
3年1組では、プリント配布に合わせて
先生の説明があったようですが、
休憩時間に飲んでも良いとのことでした。

私もそれが妥当だと思います。

水道水はもちろんわかりますが、
熱中症予防も含めて、休み時間の給水は
問題無いように思えます。

ただ、兄弟で説明が違うのが気になるので
今一度、ご確認くださいませ。
by jibundenaiwatasi | 2012-06-02 16:51 | 学校・保育園 | Comments(0)

学校側の回答。

jibun様

連絡ありがとうございます。
また、先日は授業参観に来校いただき、ありがとうございました。
水筒の件ですが、〇〇小学校では、遠い家の児童のために、
登下校の途中で飲むために水筒の持参を認めています。
学校では水道水を飲むことになっています。詳しくは、
後日水筒持参のプリントを出しますのでご確認ください。
御理解、御協力のほど、よろしくお願いいたします。
その他の件でも指導の至らないところもあるかと思いますが、
こうした声をいただけることが、大事であると思っております。
卒業に向けて、大事な一日一日を充実して過ごしていけるように、
担任とともにかかわっていきたいと思います。
また、何か御心配なことがありましたら、遠慮なくご連絡ください。


   副校長


何だか、富士急のメールみたい。。。
by jibundenaiwatasi | 2012-05-28 15:51 | 学校・保育園 | Comments(2)

help 副校長先生。 

おはようございます。

この際なので、
もう一つ確認させて下さい。

6年2組の算数授業で、20名ほどの生徒の内
鉛筆を使っている生徒は、息子を含め2名でした。


今まで、
鉛筆7本、赤鉛筆1本をずっと守ってきましたが、
大多数はシャープペンを使用していました。
丸つけに至っては、赤鉛筆、赤ボールペンのどちらでも良いとのことでした。


水筒持参に、クラスみんなの許可が必要だとしたら
なぜ、シャープペンの使用も確認されないのかと疑問に思います。


高学年だから構わないのであれば
そのことを全員に伝えるべきではないのでしょうか?


長男には、
授業参観での現状を見た上で、
私の判断で、22日(火)からシャープペンを持たせて登校させました。


規定通り、鉛筆に限るのであれば即時取り替えます。


先生だから、何もかも完璧でなければいけない。とは思っていません。
ただ、我々大人の発言は、子供たちのお手本となるべく
細心の注意が必要だと常々思っています。
言葉や態度に責任を持つこと。小さなことでも、その積み重ねが大切だと思っています。


T先生が、新任だったから、年齢が若いからは理由になりません。
努力すれば足りることだと思いますし、
社会というのは、どの職業に於いても厳しいものです。

その点も、諸先輩方とのコミュニケーションから
もっともっと学んで頂きたいと思います。

古い言い方ですが、「報告・連絡・相談」を、
今一度、見直してみてはいかがでしょうか?


長々と勝手を申し上げましたが
これ以上不信感が募る以前に、善処いただきたく
ご連絡いたしました。

何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
by jibundenaiwatasi | 2012-05-26 08:51 | 学校・保育園 | Comments(4)
今日は子供祭りの日。

高学年がお化け屋敷やスライムなど、

出店を出す。

長男のクラスは、視聴覚室でお化け屋敷だそうで

暑いから水筒を持って行きました。

すると担任の先生が

「水筒を持って来るのなら、前日までにクラスのみんなに言わないといけない」と

指導を受けた。

・・・。

・・・。

・・・?

・・・?

正直、意味不明です。

5年通ってきて

こんなことを言われたのは初めてです。

それに、

先日の敬語の件も

アンケートにそのことを書いて提出すると、

その日のうちに

クラスの生徒に

「敬語を使って下さい」と言ったらしく

同じクラスの”けいご君”と言う男の子が

からかわれて終了だそうです。



何だか、

救いようのない先生。。。


長男は

「家で勉強した方がマシかも…」と、ポツリ。

このまま卒業までお世話になると思うと

長男でなくても気が重いです。



はあーーー。

ため息しか出ません。。。



とほほほほ。。。
by jibundenaiwatasi | 2012-05-25 20:36 | 学校・保育園 | Comments(0)
本当に、話せないのだろうか・・・?。

尊敬語、謙譲語、丁寧語・・・。

「・・・?」

以前、

担任の先生を呼び捨てにしていたのも気になったけれど

さらに、さらにエスカレートしていた感じです。

6年生の授業中の会話は、ほとんど”タメ口”

「・・・。」

先生の質問や呼びかけに

「しらねー」

「めんどくせー」

「もってねーしー」

「・・・。」

たまたま聞いた算数と音楽の授業。

どちらも

あっけにとられるくらい

誰と、誰の会話?と

聞きたくなるような

友達同士の会話。

音楽に至っては、

背もたれにだらっ~と寄りかかり

足を組んだままリコーダーを吹いたり歌ったり。

・・・と、言っても、

マジメに歌っている子は半分でした。

先生が「楽譜を出して下さい」と、言うと

「えー。そんなの捨てたー」

「だって、何も言われてねーしー」

「・・・。」

この子たち、

学校で先生相手に”タメ口”で

いったい、いつ、どこで敬語を使うのでしょう?

大体、

何で先生は何も言わないの?

どうして注意しないの?

信じられません。

少なくとも

その時くらい、

「です。ます。ました」とか

使ってほしいと思うのは私だけ?

学校で敬語を使わずに

家で親と敬語で話す方が難しいと思うけれど・・・。

そんなこと、考える私が古いのかしら。。。



もちろ、、

クラス全員ではなく

“変”なのは半数ほど。



6年間見守ってきて

これが現実です。

我が子には、

”分別”と”礼儀”くらい

しっかり教えていきたいと、

あらためて痛感した授業参観でした。



国語は

みんなにとって

“母国語”じゃないんだね。

何だか、さみしいな・・・。
by jibundenaiwatasi | 2012-05-20 20:12 | 学校・保育園 | Comments(2)