「全身麻痺のシングルマザー」 人生奮闘記。かな?


by jibundenaiwatasi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:音楽・ドラマ・映画・本( 120 )

生きた証。

おおげさかもしれませんが
2005年に退院して自宅へと戻り
子供たちと初めて観に行ったのが【ドラえもん2006】
a0061973_12022558.jpg
スクリーンを見ながら
生きていることを実感した。
そして、
「来年も必ず3人で観に来よう」
そう心に誓った。

あれから10回目の映画。
写真は照れて写ろうとは市内けれど、
今年も元気に観ることができた。
a0061973_12025883.jpg
生活が苦しくても、
これだけは続けたかった。
子供たちがドラえもんを卒業するのもあとわずかだから。


by jibundenaiwatasi | 2015-03-28 11:43 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

ポケモン映画。

a0061973_1349381.jpg

夏休みの家族サービス中〜。
by jibundenaiwatasi | 2014-07-24 13:49 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

テルマエ・ロマエⅡ。

野球のフェスティバルは母親として。

野球がお休みのGW、
1日は家族サービスの父親として。

今月分の原稿料を頂いたので、
テルマエ・ロマエⅡを観てきました。

面白かったのに、
前日の疲れで
真ん中爆睡していました(^^;)

a0061973_17591313.jpg

by jibundenaiwatasi | 2014-05-08 18:00 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

次男とデート(*^_^*)

生憎の天気だけど


カッパを着て、バスと電車に乗って


ドラえもんの映画を観てきました。

a0061973_19244626.png

by jibundenaiwatasi | 2014-03-27 14:10 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(2)

【僕のいた時間】。

主人公は、三浦春馬演じるALSを発症した青年。
途中から見始めたのであまり深くは語れませんが、
何故か主人公より、医学部に通っている弟の方が気になります。

もちろん、主人公が自分にできる精一杯のことを頑張る姿や
それを受け入れてくれた勤務先のところは思わずジーンときました。

それよりも気になるのが弟。
ずっといい子で母親の喜びことだけをやってきて
医学部まで入ったけれど、
気がついたときには友達もいない。
自分の感情をどう周りに示したら良いかもわからない。

このドラマでは、
原田美枝子さんが母親役ですが
昨日、本音でぶつかり合うシーンがありました。

「お母さん、僕の人生から出て行ってください」
そう、深々と頭を下げて弟が言った。

母親は「なぜ?」といった感じだが
ALSの息子とさえ正面から向き合ってはいない。

「陸人(弟)が本当に好きな食べ物、母さんは知ってるの?」

「唐揚げでしょ」と、答えた母に、

「それは僕が好きなんだよ。」

「僕たちは、いつもお母さんの顔色ばかり見ていた」

「お母さんの」喜んだ顔が見たくてがんばっていた」

「本当はもっとお母さんに褒めてもらいたかったんだ」

「お母さん、もっとちゃんと見てよ!」

すると、

「お母さんだって辛かったわよ。
 病院の嫁として男の子を産んで医者にしなければいけなくて」

涙が溢れました。

親って何なのでしょうね。

息子を持つ親としては、見ていて苦しかったです。

でも、

こうして本音をぶつけることで

きっとまだ間に合う。

そう、思いました。


今更ですが、

私も言ってみたかったです。

なーんて、

結婚してから言ったものだから

「このバカ娘」で終わってしまいましたが

少なくても二人の息子たちには

自分の好きな道を歩いて欲しいな。
by jibundenaiwatasi | 2014-02-27 15:00 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

明日、ママがいない。

日本テレビ系の水曜ドラマ。

理由あって親が育てることのできない子供たちが

『こがもの家』というグループホームで暮らす物語り。

次男は妙にハマっていて、

今朝も5:30に起きて観ていた。

私は。。。

正直、観るのが辛いです。

理由は。。。

我が家も、

私に万一のことがあった場合

子供たちを預けなくてはならないから。

悲しいけれど、

それが現実です。

だからできる限り体調を維持しなければ。

子供たちが成長するまで

何が何でも生きなければ。

長男が成人するまで あと7年。

次男が成人するまで あと10年。

気合です。

p(^-^)q
by jibundenaiwatasi | 2014-01-30 19:48 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(2)
a0061973_18343130.jpg


「決して無駄死にはするな!
命を投げ出すとき、
それは大切なものを守るとき」
a0061973_1836714.jpg

胸にしみました。
by jibundenaiwatasi | 2013-12-29 18:37 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(2)

文・堺雅人。

夕食のあと、

エピソード1話ずつ

私が次男に音読?(読み聞かせ)しています。

文・堺雅人 (文春文庫)

堺 雅人 / 文藝春秋

スコア:


by jibundenaiwatasi | 2013-10-04 09:19 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

朝読書。

by jibundenaiwatasi | 2013-09-23 19:13 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)

半沢直樹 最終回。

めっちゃワクワクして

楽しみにしてた分

えーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーーーって、感じ(^^;)

続編まで待てない。。。

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋

スコア:



オレたち花のバブル組 (文春文庫)

池井戸 潤 / 文藝春秋

スコア:


by jibundenaiwatasi | 2013-09-23 18:53 | 音楽・ドラマ・映画・本 | Comments(0)